広告 フリーランスエージェント

フリーランスエンジニアの寿命はどれくらい?【35歳定年説は完全にウソ】

本記事でわかること

  • フリーランスエンジニアの寿命はどれくらい?
  • フリーランスエンジニアの寿命が短いと言われる3つの理由
  • フリーランスエンジニアとして長く活躍するための3つの方法

本記事を書いている僕は、エンジニア歴10年以上の現役エンジニアです。

現在はフリーランスエンジニアとしてシステム開発をしています。

僭越ながらフリーランスの先輩として、フリーランスエンジニアの寿命について徹底解説しましたのでよかったら最後までご覧ください。

フリーランスエンジニアになりたいならエージェントはiTrichが断然オススメ!

iTrichについて、もっと詳しく知りたい人は無料で相談するところからはじめましょう。

相談だけなら完全に無料なので、サクっと利用させてもらいましょう。

\1万人のサポート実績アリ/

無料で聞いてみる

フリーランスエンジニアの寿命はどれくらい?

フリーランスエンジニアの寿命はどれくらいなのでしょうか?

一般的に35歳定年説という話がありますが、果たして本当にフリーランスエンジニアの寿命は35歳なのかを考えていきましょう。

35歳定年説はウソ

フリーランスエンジニアに「35歳定年説」が囁かれることがありますが、これは完全に誤解です。

実際には35歳を超えても活躍しているフリーランスエンジニアは多数存在しますし、この記事を書いている僕自身もそのうちの一人です。

一昔前までは35歳定年説が一般的な考えであり、実際に35歳程度を境にキャリアチェンジをする人も多かったかもしれません。

しかし時代は移り変わって、35歳を超えても第一線で活躍しているフリーランスエンジニアはたくさんいます。

きちんと目の前の仕事に打ち込んで、経験と実績を積んだエンジニアはむしろ企業から引く手あまた。

年齢に関係なく求められ続ける人は求め続けられます。

むしろ、深い専門知識や豊富な経験を武器にすることで、長期的に安定したキャリアを築くことさえ可能です。

5年ごとにキャリアを考えるのがオススメ

35歳定年説については完全にウソだといえますが、だからといって何もしなくていいわけではありません。

個人的な見解ですが、5年程度を目安に今後のキャリアを見直すことをオススメします。

技術の進化が速いIT業界では、最新のトレンドや技術に追いつくための継続的な学習が不可欠。

5年単位で自身のスキルセットを評価し、新しい技術や市場のニーズに合わせてキャリアの方向性を調整することで、競争力を維持できます。

また、定期的にキャリアを振り返ることで、モチベーションを保ちやすくもなります。

フリーランスエンジニアの寿命が短いと言われる3つの理由

フリーランスエンジニアの寿命短いと言われる3つの理由

フリーランスエンジニアの寿命が短いと言われる理由は以下3つです。

寿命が短いと言われる理由

  1. 技術力の高い若手・外国人が増えているから
  2. 技術力だけで勝負してると思われてるから
  3. 高い自己管理能力が問われるから

ひとつずつ解説していきます。

1.技術力の高い若手・外国人が増えているから

IT業界では、技術力の高い若手や外国人エンジニアの増加が顕著です。

若手エンジニアは最新の技術に迅速に適応し、柔軟な働き方が可能なため、企業からの需要が高まっています。

また、外国人エンジニアも高度な技術力とコスト競争力を持っており、グローバルな視点でのプロジェクト遂行が期待されています。

これにより、ベテランフリーランスエンジニアにとって競争が激化し、自身の市場価値を維持するためには、絶えずスキルアップとネットワーキングが必要となります。

2.技術力だけで勝負してると思われてるから

フリーランスエンジニアは、技術力だけで評価されると考えられがちですが、実はそれだけでは不十分です。

プロジェクトをマネジメントすること、ITリテラシーが高くないクライアントとのコミュニケーション、業務に関する深い知識などが求められることもあります。

いくら技術力が高くても、これらのスキルが欠如していると長く活躍するのは難しいというのが現実。

総合的なビジネススキルの向上ができないと、フリーランスエンジニアとしての寿命はどうしても短くなってしまいます。

3.高い自己管理能力が問われるから

フリーランスエンジニアは自己管理能力が非常に重要です。

仕事のスケジューリング、プロジェクトの進行管理、さらには税務処理など、そのすべてを自分ひとりで行う必要があります。

自己管理能力が低いと、納期遅延や品質低下、さらにはクライアントとの信頼関係の崩壊を招く可能性さえも・・・。

また、過度な労働や不規則な生活習慣による健康問題もリスクとなりえます。

一定以上のパフォーマンスを出しつつ、健康を維持することが、長く活躍するための鍵といえます。

フリーランスエンジニアとして長く活躍するための3つの方法

フリーランスエンジニアとして長く活躍するには?

フリーランスエンジニアとして長く活躍するための方法は以下3つです。

長く活躍するための方法

  1. クライアントとの信頼関係を築く
  2. 定期的に最新技術をキャッチアップする
  3. 技術以外の強みを育てる

ひとつずつ解説していきます。

1.クライアントとの信頼関係を築く

フリーランスエンジニアとして長く活躍するためには、クライアントとの信頼関係が不可欠です。

信頼を築くためには、プロジェクトの進行状況を定期的に報告し、納期を厳守することが重要。

また、クライアントの要望やフィードバックに迅速かつ誠実に対応することで、信頼が深まっていきます。

さらに、クライアントのビジネスや業界について理解を深めることで、より価値のある提案やソリューションが提供できます。

これにより、長期的な契約やリピートして案件を獲得しやすくなるでしょう。

2.定期的に最新技術をキャッチアップする

IT業界は常に進化しており、最新技術の習得は不可欠です。

フリーランスエンジニアとして成功するためには、定期的に学習の時間を設け、新しいプログラミング言語、フレームワーク、ツールに精通しておく必要があります。

  • オンライン学習をおこなう
  • セミナーや勉強会に参加する
  • SNSや公式サイトで最新の情報をキャッチする

上記のように学び続けることで、最新のトレンドや技術情報をキャッチアップすることができます。

さらに、実際のプロジェクトに新技術を適用することで、実践的なスキルを磨き続けることも大切です。

3.技術以外の強みを育てる

フリーランスエンジニアとして成功するためには、技術力だけでなく、他の強みも育てることが重要です。

例えば、プロジェクトマネジメント力、マーケティング力、コミュニケーション力などが挙げられます。

これらのスキルを身につけることで、プロジェクトの全体像を把握し、効率的に進行させることができます。

また、クライアント企業が属する業界に関する知識をつけることも重要です。

プログラミング言語やそれに関連するスキルに限定することなく、総合的なスキルセットを持つことでより多くのプロジェクトに対応できるようになるでしょう。

総合的なスキルを身につけることで、ひいては高い収入を目指すことも可能になります。

まとめ

今回は、『フリーランスエンジニアの寿命はどれくらい?【35歳定年説は完全にウソ】』というテーマで話していきました。

フリーランスエンジニアの寿命が35歳というのはウソであるものの、寿命を延ばすためには努力が大切であることがわかっていただけたでしょうか。

寿命を考えすぎても答えは無いので、目の前の案件に集中しつつ自己研鑽に励むようにしましょう。

「フリーランスエンジニアの寿命ははどれくらいなんだろう?」
「フリーランスエンジニアとして長く活躍するためには何をしたらいいのがあるんだろう?」

そんな方の参考になっていたら幸いです。

フリーランスエンジニアになりたいならエージェントはiTrichが断然オススメ!

iTrichについて、もっと詳しく知りたい人は無料で相談するところからはじめましょう。

相談だけなら完全に無料なので、サクっと利用させてもらいましょう。

\1万人のサポート実績アリ/

無料で聞いてみる

本記事は以上となります。

はじめてのフリーランスでも安心!
とりあえず登録しておくべきエージェントはこちら
フリーランスエージェントは複数登録して比較検討すべし!
  • この記事を書いた人

サカイユウヤ

現役のフリーランスエンジニア。エンジニア歴14年。フリーランス歴7年。フリーランスエージェント「iTrich(アイトリッチ)」を利用して大手証券会社のシステム開発案件に参画中。

-フリーランスエージェント