広告 フリーランスエージェント

フリーランスエンジニアになるには?方法やタイミングまで徹底解説

本記事でわかること

  • フリーランスエンジニアになる方法
  • フリーランスエンジニアになるベストなタイミング
  • フリーランスエンジニアに向いてる人の特徴
  • フリーランスエンジニアに向いてない人の特徴
  • フリーランスエンジニアを目指す人が抱く疑問

本記事を書いている僕は、エンジニア歴10年以上の現役エンジニアです。

現在はフリーランスエンジニアとしてシステム開発をしています。

僭越ながらフリーランスの先輩として、フリーランスエンジニアになる方法について徹底解説しましたのでよかったら最後までご覧ください。

フリーランスエンジニアになりたいならエージェントはiTrichが断然オススメ!

iTrichについて、もっと詳しく知りたい人は無料で相談するところからはじめましょう。

相談だけなら完全に無料なので、サクっと利用させてもらいましょう。

\1万人のサポート実績アリ/

無料で聞いてみる

フリーランスエンジニアになるには?5ステップで解説

フリーランスエンジニアになる方法は以下5ステップです。

フリーランスエンジニアになる方法

  1. 3年は実務経験を積む
  2. フリーランスエージェントに登録する
  3. 職務経歴書(スキルシート)を作成する
  4. 案件を探す
  5. 案件を開始する

ひとつずつ解説していきます。

1.3年は実務経験を積む

フリーランスエンジニアになるために、まずは3年間を目安に実務経験を積みましょう。

なぜなら、実務経験ゼロでフリーランスになっても案件獲得が難しく、ジリ貧になりやすいから。

まずは正社員として就職して、スキルや経験値を積み重ねることが何より大事です。

スキルを磨き、プロジェクト管理やチームで仕事をすることに慣れていきましょう。

多様なプロジェクトに携わることで、問題解決能力やクライアントとのコミュニケーションスキルも向上します。

この期間は、自分の得意分野や専門性を見極める良い機会にもなります。

実務経験が豊富であれば、信頼性が高まり、フリーランスになっても案件獲得に困ることがありませんよ。

2.フリーランスエージェントに登録する

エンジニアが独立する際には、フリーランスエージェントに登録するのがオススメです。

エージェントは、豊富な案件情報の中からあなたのスキルや希望に合った仕事を紹介してくれます。

特にはじめてフリーランスになるという方は、信頼できるエージェントのサポートを受けることで、スムーズなスタートを切ることができます。

また、エージェントを通じて契約交渉や報酬の相談も行えるため、安心して目の前の業務のみに集中できます。

フリーランスエンジニアになりたいならエージェントはiTrichが断然オススメ!

iTrichについて、もっと詳しく知りたい人は無料で相談するところからはじめましょう。

相談だけなら完全に無料なので、サクっと利用させてもらいましょう。

\1万人のサポート実績アリ/

無料で聞いてみる

3.職務経歴書(スキルシート)を作成する

案件を獲得するために、職務経歴書(スキルシート)を作成しましょう。

あなたのこれまでの経験やスキル、実績を具体的に記載することが大切です。

プロジェクトごとの担当業務や成果、使用したスキルセットを明確に書きましょう。

クライアントに対して自分の能力をアピールするために、数字や具体例を用いて成果を示すことが重要です。

見やすく整理されたスキルシートは、信頼性を高め、案件獲得の大きな武器となります。

4.案件を探す

ここまでの準備が整ったら、具体的に案件を探していきます。

エージェント担当者と相談しながら、あなたのスキルや希望に合った案件を見ていきましょう。

案件選びの際は、仕事内容や報酬、契約条件をしっかり確認し、あなたのキャリアにとって最適な案件となるかを考えるのが大切。

とはいえ選り好みしすぎても案件が決まりません。

いくつかピックアップしたらクライアント担当者と面接をして、肌に合いそうか会話で確かめてみるのもいいでしょう。

5.案件を開始する

案件が決まったら、いよいよ業務を開始します。

クライアントとのコミュニケーションを密に取り、システム要件やあなたに求める期待値を明確にしましょう。

作業を進める中で、定期的な進捗報告やフィードバックのやり取りを行い、信頼関係を築くことが成功の鍵です。

また、トラブルが発生した場合には迅速に対応し、プロフェッショナルとしての姿勢を示すことで、今後の案件にも繋げることができますよ。

フリーランスエンジニアになるベストなタイミング

フリーランスエンジニアになるベストなタイミング

フリーランスエンジニアになるベストなタイミングは以下の通りです。

ベストタイミング

  • 25歳(3年くらい実務経験積んだ後)
  • 30歳(年齢的に節目のタイミング)
  • 35歳(10年以上しっかり経験積んだ後)

ひとつずつ解説していきます。

25歳(3年くらい実務経験積んだ後)

25歳でフリーランスエンジニアとして独立するのは、3年程度の実務経験を積んだ後のタイミングです。

若さとフレッシュな視点を武器に、最新の技術やトレンドに精通していることが強みとなります。

まだ柔軟性が高く、失敗から学び成長する余地も大きい時期。

早いうちからフリーランスのキャリアを築くことで、30代以降に安定した仕事基盤を持つことが期待できます。

自身のスキルに自信を持ち、新しい挑戦を恐れずに取り組むことが重要です。

30歳(年齢的に節目のタイミング)

30歳は人生の節目となるタイミングで、フリーランスエンジニアとして独立する良い機会です。

これまでの経験とスキルを活かし、自分自身のキャリアをさらに発展させることができます。

多くの人がこの時期にライフプランやキャリアを見直し、安定と挑戦のバランスを考えるようになります。

30代は信頼性や専門性が高まり、クライアントからの評価も得やすくなる時期。

家族や生活環境の変化も考慮しながら、計画的にフリーランスの道を歩むことが成功の鍵です。

35歳(10年以上しっかり経験積んだ後)

35歳でフリーランスエンジニアとして独立するのは、10年以上の豊富な経験を持つ後のタイミングです。

これまでに培った深い知識と技術力、幅広い人脈を活かして、高い報酬や大規模なプロジェクトに挑戦することが可能です。

この時期には、自分の専門分野や得意領域が明確になっているため、マーケットでの差別化が図りやすくなります。

安定した収入とキャリアの自由を両立させるために、自身のビジョンを明確にし、戦略的にフリーランス活動を進めることが大切です。

フリーランスエンジニアに向いてる人の特徴3選

フリーランスエンジニア向いてる人の特徴3選

フリーランスエンジニアに向いてる人の特徴は以下3つです。

フリーランスに向いてる人

  1. 自己管理能力が高い人
  2. コミュニケーション能力が優れている人
  3. 柔軟な思考ができる人

ひとつずつ解説していきます。

1.自己管理能力が高い人

フリーランスエンジニアにとって、自己管理能力は不可欠です。

なぜなら、クライアントとの納期を守るためにスケジュールを自分で管理し、タスクを効率的に進める必要があるから。

自己管理がしっかりできる人は、安定した成果を出し続けることができ、クライアントからの信頼も得やすくなります。

信頼を積み重ねていった先に、継続した案件獲得や収入アップを望むことができます。

2.コミュニケーション能力が優れている人

一人で作業を進めることも多いフリーランスエンジニアですが、クライアントや他のエンジニアとのコミュニケーションは欠かせません。

明確な意思伝達や迅速な対応は、プロジェクトの成功に直結します。

特にリモートワークも増えてきた現在において、オンラインでのコミュニケーションスキルも重要です。

クライアントの要望を正確に理解し、適切な提案を行うことで、信頼関係を築き、長期的な仕事につながります。

3.柔軟な思考ができる人

フリーランスエンジニアには、柔軟な思考が求められます。

案件を進めていると、開発してる最中に要件が変わったり新しい技術を急遽習得する必要が生じたりすることも・・・。

そんな予期せぬ出来事に対して、柔軟に対応できる人が重宝されるのは火を見るよりも明らか。

また、問題が発生した際には迅速かつ適切な解決策を見つける能力も大切です。

多様なクライアントやプロジェクトに対応するために、常に新しい視点で物事を考え、適応力を持つことが成功のカギとなります。

フリーランスエンジニアに向いてない人の特徴3選

フリーランスエンジニア向いてない人の特徴3選

フリーランスエンジニアに向いてない人の特徴は以下3つです。

フリーランスに向いてない人

  1. 遅刻グセがある人
  2. 自分の考えを伝えるのが苦手な人
  3. 成長意欲がない人

ひとつずつ解説していきます。

1.遅刻グセがある人

フリーランスエンジニアにとって、時間厳守は非常に重要です。

遅刻グセがある人は、納期やミーティングの時間を守れない可能性が高く、クライアントの信頼を失うことにつながります。

時間管理ができないと、プロジェクトの進行にも支障をきたし、他のメンバーにも迷惑をかけることになります。

フリーランスは自己管理が求められるため、時間にルーズな人は残念ながら向いていません。

プロフェッショナルとしての信用を保つためには、時間厳守の姿勢が必要です。

2.自分の考えを伝えるのが苦手な人

フリーランスエンジニアは、自分の考えを明確に伝える能力が求められます。

コミュニケーションが苦手な人は、クライアントの要望を正確に理解できず、プロジェクトの方向性を見失うこともあるでしょう。

また、フィードバックを受け取ることや、自分の意見を提案する場面でも苦労してしまいます。

明確な意思疎通ができないと誤解やトラブルが生じやすくなり、仕事の質は下がっていく一方・・・。

コミュニケーション能力が不足している人には、フリーランスという環境で生き残っていくのは厳しいかもしれません。

3.成長意欲がない人

フリーランスエンジニアには、常に新しい技術や知識を学び続ける姿勢が求められます。

成長意欲がない人は、技術の進化に取り残されて、継続して仕事を任せてもらいにくくなります。

また、自己学習やスキルアップの意識が低いと、クライアントの要求に応えられなくなり、案件が炎上する原因にもなりかねません。

フリーランスは自己研鑽が必要な職業であり、成長を続ける意欲がない人には向いていません。

継続的な学習と自己改善の姿勢が成功の鍵となります。

フリーランスエンジニアを目指す人が抱く疑問

フリーランスエンジニア目指す人が抱く疑問

フリーランスエンジニアを目指す人が抱く疑問とその回答をまとめました。

未経験からでもフリーランスエンジニアになれる?

未経験からでもフリーランスエンジニアになることは可能ですが、いばらの道であることは覚悟しましょう。

本的なプログラミングスキルを習得したり、資格取得を通じてアピール材料を集めるのが大切です。

また、小規模なプロジェクトや副業としての経験を積むことで、実務に近い環境でスキルを磨くことも重要なこと。

ポートフォリオを作成し、アピールできるスキルを用意しましょう。

はじめは低単価の案件から始め、徐々に実績を積んでいくことで、フリーランスとして長く活躍できる可能性は大きくなっていきます。

フリーランスエンジニアになるとどれくらい稼げる?

フリーランスエンジニアの収入は、スキルや経験、受注する案件の種類によって大きく異なります。

初期段階では月収40万〜50万円程度から始めることが一般的ですが、実績を積むことで高単価の案件を獲得できるようになっていきます。

経験豊富なフリーランスエンジニアは、月収100万円以上を稼ぐ人も珍しくありません。

また、場合によっては複数のクライアントと契約し、収入の柱を複数作ることも可能です。

フリーランスエンジニアに将来性はある?

フリーランスエンジニアには大きな将来性があります。

IT業界は常に進化しており、新しい技術やニーズが生まれ続けています。

そのため、最新のスキルを持ち、柔軟に対応できるフリーランスエンジニアは年々需要が高まっています。

自己研鑽を続け、専門性を高めることで、安定した収入とキャリアの成長が期待できるでしょう。

専門知識を身につけたりマネジメントなど普遍的な能力を身につければ、長きにわたって活躍することも決して難しくありませんよ。

まとめ

今回は、『フリーランスエンジニアになるには?方法やタイミングまで徹底解説』というテーマで話していきました。

フリーランスエンジニアになる方法、タイミングや向き不向きまで理解していただけたでしょうか。

エンジニアのキャリアとして、フリーランスになるという選択肢がより鮮明になっていたらうれしい限りです。

フリーランスエンジニアになりたいならエージェントはiTrichが断然オススメ!

iTrichについて、もっと詳しく知りたい人は無料で相談するところからはじめましょう。

相談だけなら完全に無料なので、サクっと利用させてもらいましょう。

\1万人のサポート実績アリ/

無料で聞いてみる

本記事は以上となります。

はじめてのフリーランスでも安心!
とりあえず登録しておくべきエージェントはこちら
フリーランスエージェントは複数登録して比較検討すべし!
  • この記事を書いた人

サカイユウヤ

現役のフリーランスエンジニア。エンジニア歴14年。フリーランス歴7年。フリーランスエージェント「iTrich(アイトリッチ)」を利用して大手証券会社のシステム開発案件に参画中。

-フリーランスエージェント